2020年03月31日

食べ物の味は、パッケージで変わる! 価格で変わる!

スーパーの棚に並んでいる、食料品の数々。メーカーが全力で開発しているので、“それなり”に美味しいものばかり。“それなり”というのは、価格とのバランスがあるので、仕方のないこと。

この美味しい食料品たちは、だいたい数十円〜数百円の範囲で売られている。消費者は、味と価格に納得して、好みに合うものを買っていく。納得しているので、満足感もある。

話は変わるが、旅行に行くと土産物を買う人は多いだろう。500〜3000円程度。自身のためや友人・知人のために、“それなり”のものを選ぶ。菓子や海産物が多い。

この土産物の価格を見て、「こんな高いものは買いたくない」と考えたことのある人はいるだろうか。「渡す相手による」という問題ではなく、商品と価格のバランスのことである。

“土産物とはそういうもの”という認識で買っているのではないか。“相場”を疑ったことはないだろう。予算に合わせて、その範囲のものを買うことに、納得しているのではないか。

また話は変わるが、中元・歳暮を贈る人は、いまだ多い。世話になった人に“心を込めて”というのは建前で、見栄えの良いものを贈りたいもの。

高級そうな名前やパッケージで、高級そうな包装。価格も高級。数千〜数万円。貰った人は、高級を感じ、高級な美味しさを楽しむ。

さて、食料品が売られている3つのシチュエーションを書いたが、ここからが本題である。3つのシチュエーションで見られる、「菓子」を想像してみて欲しい。

中にカスタードクリームや生クリームの入った、ふわふわなスポンジケーキがあるとする。

1つめは、中の見える簡易な包装で、スーパーに並んでいる。

2つめは、紙で個包装し、箱に整然と並び、土産物屋に並んでいる。

3つめは、1つ1つ和紙で包装され、1つずつ箱に入り、それが桐の箱に詰められ、組み紐まで掛かっている。百貨店のギフトコーナーに、見本が置かれている。

それぞれ、300円、1000円、5000円で売られている。この3つ、中身がまったく同じものだとしても、誰が気づくだろうか。

売られている場所が違い、売り方も違っていれば、誰も疑問を持たずに買っていくだろう。売る場所に合った“相場”なので、納得もしている。

5000円のものを受け取った人も、“それなり”の佇まいのものなので、“それなり”に美味しいと感じる。人の味覚はかなりアバウト。雰囲気も味のうちなのである。

ここから考えられるのは、ものを売るなら、高くても売れる“売り方”をした方が得だということ。薄利多売は、メーカーや量販店に任せておけば良い。中小企業・個人商店は、“価値”を感じる“売り方”をすべきである。

posted by 佐藤きよあき at 14:41| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください