2020年03月24日

それらしい店の造り。

先日、あるラーメン屋に入った。長浜ラーメンのチェーン店のようである。私は、とんこつ味にそれほど執着がないので、他に店がないし、まあ、いいか、で入ったのである。味もあまり期待していなかった。

ところが、スープを口に入れて、驚くこととなる。かなり濃厚な味わいなのだが、とんこつ独特の臭みがまったくなく、まったりとした深いコクがある。どうして、いままでこの店に来なかったのか、と後悔したほどである。

さて、ここからが本題。どうして、私がいままでこの店に入らなかったのか? “とんこつ”だということももちろんあるが、「店の外観」で、なんとなく判断していたのである。

建物は、ベージュの土壁。屋根には、茅葺きのような演出。ところどころ竹をあしらっている。メニューを一品ずつ、演芸場のような大きな看板に記入し、壁に掛けている。この看板が無ければ、アジアン風のカフェのようである。

そう、ラーメン屋に見えないのである。看板でわかるのだが、「お洒落」を演出しすぎて、“いかにもチェーン店”であることがわかってしまうのである。個人がここまではやらないし、金が掛かるのでできない。

私は、何度もこの前を通っていたが、興味を持てなかった。“ラーメン屋らしくない”からである。

身近で流行っているラーメン屋を思い浮かべて欲しい。お洒落な店が浮かぶだろうか。中には例外もあるだろうが、そのほとんどは特に特徴も無い、普通の造りのはずである。

“汚ったねぇ〜”と思える店もあったりする。でも、流行っている。それは、“ラーメン屋らしさ”ということで、世の中に認知されているからである。どこからどう見てもラーメン屋。こういう店の方が、入りやすいのである。

“らしさ”の中で、差別化を図る必要がある。ブティックのような魚屋があったって、誰も入らない。カフェのようなそば屋。日本建築のケーキ屋。どう考えても、無理がある。

このラーメン屋は、内装もカフェ風である。美味しいのに、実にもったいない。場所も幹線沿いで、まわりに商業施設が集まり、駐車場も広く、入りやすい優れた立地である。

お昼時に入ったのだが、ほぼ満席だった。だが、味の良さから考えると、多少の行列ができていてもおかしくない店である。なのに、行列が無いのは、店の造りの問題だと言える。

ジワジワと客は増えるかもしれないが、顧客拡大のスピードが鈍いのは、大きな損失である。

あなたの店は“らしい”だろうか?

posted by 佐藤きよあき at 14:50| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください