2019年05月29日

強くなりたいなら、ブラック企業を選べ!

離職率が高い、長時間労働、残業代不払いなど、労働環境が悪い会社は「ブラック企業」と呼ばれる。若者たちは言う。「ブラック企業には就職したくないなぁ〜」と。

「ブラック企業大賞」と言われるランキングまで発表されるほど、世間では注目され、若者たちもどこがブラックなのかは知っている。

ならば、なぜ、そんなブラック企業に、いまだ就職希望者が多いのか。他に就職先がないからなのか? 噂を信じていないのか? いやいや、やはり「メジャー」「将来性」「安定」に、期待しているのではないのか。

ブラック企業と言われる会社は、誰もが知る超有名企業が多い。そこに就職できれば、“ステイタスとなる”という思いがないと断言できるだろうか。不安はあるものの、大手への憧れがそれを上まわっているのだろう。

私は、それを批判するつもりはない。離職率や長時間労働、残業代などの問題は、社会的には糾弾されているが、本人の心の持ちようで克服できるものではないかと思っている。

離職率が高いと言うが、企業側の問題ばかりではなく、若者の我慢強さの低下もよく言われる。いまの苦労を将来のためだと捉えることができないのである。

長時間労働や残業代に関しては、企業側が無理強いしている場合も多い。だが、これも心の持ちようではないか。

それだけ長い時間、勉強できるのである。大した知識も技術もない人材に、学ぶ機会をより多く与えてくれていると考えれば良い。教えてもらっているのだから、残業代もいらないのである。

こんなことを書くと、反感を持たれるかもしれないが、私は、心次第で辛い思いもバネになる、ということを伝えたいだけである。ブラック企業の肩を持つつもりはない。

ただ、成長を続け、将来性もある企業には、やはりそれなりの技術・ノウハウがあり、その中にいれば、得るものも大きいのではないか。

たったひとつの歯車になるのではなく、這い上がっていく気概を持って挑めば、大きな力を得ることができる。

ブラック企業と言われる会社なら、厳しい環境である分、徹底的に鍛え上げられるのではないか。ビジネスマン、ビジネスウーマン、人間としても、強くなれる。そう考えると、敢えてブラック企業に飛び込むことも“アリ”なのかもしれない。

無責任なことを言ってはいけないので、フォローしておくが、“ブラック企業と言われる”会社と“本物のブラック”をしっかりと見極める必要はある。

posted by 佐藤きよあき at 14:10| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

トップセールスマンは寡黙である。

私は、ある業界のトップセールスマン数人を密着取材したことがある。彼らがトップであり続ける秘密を探るための情報誌の企画である。1日中張りついて、彼らの行動・言動・思考を観察した。

それぞれが、セールスの方法論としては独自のスタイルを持っているが、全員に共通するものを見つけることができた。私が思い描いていたセールスマンのイメージとは、真逆だと言っても良いほどの衝撃であった。

話術に長け、相手を引き込むようなマシンガントークを炸裂させるのかと思っていたが、まったく違っていた。どちらかと言うと、「寡黙」と言っても良いくらい、静かに喋る。

本題に入る前には、面白い世間話のネタを用意しているのかと思いきや、サラッと流す程度にしか、喋らない。

本題に入っても、ベラベラ喋るわけではなく、少し喋っては、聞く方に集中しているようだった。上手く相手の要望を聞き出し、それに対しこちらの提案を持ち出す、といった具合である。

とにかく質問が多い。相手から、より多くの情報を引き出そうとする。その情報をまとめながら、最終的に相手が望むものを確認しているようである。

時間を掛けて聞き出した要望なので、相手が本当に望むものを提案できる。もし、マシンガントークで一方的に売り込んでいたら、相手の望みとは違うものになり、ソッポを向かれてしまう。

売り込みに成功したとしても、トークに圧倒されて、仕方なく契約したのかもしれない。そうなると、相手は満足できない。次回以降は、話さえ聞いてもらえなくなる。これは、本当のセールスではない。

トップセールスマンは、絶対に売り込まない。相手の望みを知るために、時間を掛けて聞き出すことに徹している。例え、相手が欲しいと言った商品であっても、それが本当に必要なものかどうかを見極め、「それは不要です」「こちらの方が…」と、正しい選択を提案するものである。

私が出逢ったトップセールスマンたちは、みんな聞き上手だった。相手に話をさせ、頷きながら聞いている。これこそが、セールスの極意。

これは、仕事に限らず、コミュニケーションの必要な場で活かせる、高等テクニックなのではないだろうか。

posted by 佐藤きよあき at 08:55| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

スマホが普及するほど、国際競争力は落ちる!?

経済協力開発機構(OECD)によって、「国際成人力調査」というものが行われた。仕事や日常生活で必要な能力の水準を計るというものである。「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3つの分野で測定された。

その調査によると、日本人は「読解力」と「数的思考力」の分野では、トップとなっている。だが、「ITを活用〜」においては、上位に入っていない。

ネット人口が爆発的に増加しているにも関わらず、ITを活用できていないとは、どういうことなのか? 理由は、考察するまでもなく明らかである。

ネットを利用しているといっても、そのほとんどが仕事や学習に関係のないことだからである。スマホによる、友人とのメール、仲間たちとのツイッター、「いま、こんなことをしているよ」と発表しているだけのフェイスブック、そしてオンラインゲーム。ネット利用のほとんどが、これらである。スマホは単なる“おもちゃ”となっている。

「調べる」「学習する」という面において、無限の利用価値を持つネットを有効に使っていないのだから、IT活用のスキルが備わっていないのも頷ける。

スマホは、外出先でもネットに繋げることができて便利だが、仕事や学習においては、パソコンを使わなければ、ITの利点をフルに活用することはできない。

ネットから得た情報を分析・加工・処理するには、スマホではなく、パソコンが必要である。すなわち、スマホばかりいじっている人たちは、ITとしてのネットを利用していないことになる。

仕事や学習における疑問や問題点があれば、ネットを活用することで、昔のように手間と時間をかけて調べる必要もなく、即座に解決できるのである。それほど便利なものでありながら、日本人は活用していない。

世界中がネットで繋がっているいま、ITを活用することが競争力を高める第一歩である。ITなくして、ビジネスは成り立たないとも言える。なのに日本人は、それを遊びだけで使っている。ネット環境が素晴らしく整備されているのに、実にもったいないことである。情けないことでもある。

これからは、世界がビジネスのステージとなる。そこでのIT活用は、特別なことではなく、基本のスキルである。できて当たり前。できなければ、取り残される。それでも、スマホで遊び続けるのか。

そんな現状を打破するためには、学校教育に「ITの活用」を積極的に取り入れなければならない。小学生の頃から、“便利な道具”として、あって当たり前な存在にする必要がある。

ネット&パソコンは、図書館であり、辞書であり、ノート・筆記用具、連絡帳ともならなければならない。決して、おもちゃではないことを教えるべきである。

posted by 佐藤きよあき at 09:04| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

朝は誘惑がないので、仕事がはかどる。

ある企業が、深夜残業を禁止し、朝型の勤務を促している。深夜残業分を朝早く来てやっても良い、というのである。私は、大賛成である。夜遅くまで仕事をしても、ロクなことはない。

8時間も働いた後に、いつ終わるわからない仕事をするなんて、気力面で長続きしない。身体も頭も疲れているから、やる気もなければ、集中力もない。すると、ミスも多くなる。これほど、効率の悪いことはない。

また、夜はさまざまな誘惑と戦わなければならない。同僚たちの飲み会は気になるし、彼&彼女とデートもしたい。早く帰って、趣味を楽しみたい。

こうした誘惑が頭の中をグルグル駆け巡り、「何で俺だけが…」「私だけが…」と、イライラも募る。こんな状況で、良い仕事ができるはずはない。

これが朝ならどうか。早く起きるのは辛いかもしれないが、会社に着く頃には眼も覚める。身体も頭も疲れていないので、気力は充分にある。

なにより、朝は誘惑がない。「いまごろあいつ、ラジオ体操やってるのか。コノーッ!」とか、「みんな、ゲートボールでいい汗かいてんのかなぁ。クソーッ!」と、羨む必要がない。

さらに、朝早くから仕事をしている自分に酔えるかもしれない。充実したものを感じるかもしれない。

こう考えると、朝型の勤務にデメリットはないのではないか。夜、空いた時間は、飲み会にもデートにも使えるし、趣味に没頭することもできる。1日をより有効・有意義に使うことができ、生活が、人生が充実してくるのではないか。

朝型勤務、大いに結構。より多くの企業が導入すれば、節電にもなるし、通勤ラッシュも緩和される。早寝早起きの健康的な生活が広まるかもしれない。どんどん推奨すべきである。

posted by 佐藤きよあき at 09:02| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

東京五輪への投資は、「生き金」か「死に金」か?

東京五輪を控え、その経済効果への期待が高まっている。そこで、関西人として思う。「どうせ、東京だけやろ。関西まで、まわってけえへんねやろ」と。

さまざまな波及効果が考えられるので、関西にもまわってくる、と言う学者もいる。あったとしても微々たるもので、不況をはねのけるほどの力にはならない、と考える私もいる。

効果として考えられるのは、公共事業や関連産業、大会開催時の観光業などが潤うことと、一時的に雇用が増えることである。

いつまでも不況から抜け出せない日本にとっては、有り難いことであり、景気回復の起爆剤となる可能性はある。

とは言ってみても、「結局は東京だけかい!」と、関西人としてはひがんでしまう。冷静に考えてみて欲しい。どう考えても、関西に限らず、他の地域まで効果があるようには思えない。

公共事業は、周辺のゼネコンが持って行く。関連産業は大手が関わるので、これも東京である。観光業は、海外からの客が五輪ついでに行くとしたら、元々人気のある有名観光地となる。私の地元・和歌山が手を挙げたところで、誰が来てくれると言うのか。他の地域が潤う可能性をどれだけ探ってみても、ほぼ「0」だという結論となる。

言っても仕方のないことだが、「何でも東京」である。一極集中の弊害はわかっているはずなのに、誰も止めず、誰も何もしない。「地方の時代」と言われたのは、いつのことだったのか。そして、五輪も再び東京となる。

政府は、国として本当にそれで良いと考えているのか。五輪に莫大な投資をして、効果があると思っているのか。その金は、別の地域で活用した方が良いとは考えていないのか。東北の復興が先だということを理解しているのか。五輪で浮かれていて、良いのか。

東京への投資は、東北にまわすべきである。一時の祭りより、国民の生活が優先されなければならない。自宅に帰れない人がたくさんいるというのに、豪華な五輪選手村を作っている場合ではない。

「それとこれとは別の話だ」と、大人ぶるのはやめてくれ。本当に金を遣うべきところはどこなのかを考えて欲しい。

そこで、関西人の金に対する理念・信念を見習ってはどうかと思う。関西人は、「生き金」と「死に金」を見事に使い分ける才能を持っている。汗水垂らして稼いだ金を、どうすれば無駄なく、生きた使い方ができるのかを知っている。

だから、大阪に五輪を招致しようとした時、盛り上がらなかったのである。「そんなことしても、一時的に景気が良くなったように見えるだけや。根本的な不況対策にはならん」ということを肌で感じていたのである。大阪五輪への投資は、「死に金」だと判断したのである。

関西人なら、言うだろう。「そんな金があるんやったら、東北にまわしたって」と。「それが生き金と言うもんやで」と。

posted by 佐藤きよあき at 08:49| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする